看護師ならば、これだけは守れ!


by gydyp58vlv

<奈良公園>雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)

 13日午前10時10分ごろ、奈良市の奈良公園内にある春日大社の表参道で、ボーガン(洋弓)の矢が刺さった雌ジカがいるのを参拝客の男性が発見した。シカは保護され、矢は抜かれたが重傷。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良県警奈良署は文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で捜査している。

 同署によると、被害にあったシカは10歳ほどで、体長約130センチ、約44キロ。矢は鉄製で、全長約52センチのうち約24センチが左腹に刺さっていた。

 シカを保護している「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、03年にボーガン、08年には漁具のヤスが刺さったシカが見つかっている。同会総務課の福本千春さん(28)は「抵抗できない弱い立場のシカをあえて攻撃するのは残念。早く元気になって公園に戻ってほしい」と話している。【大森治幸】

【関連ニュース】
雑記帳:エゾシカ、列車に追われてトンネルに
雑記帳:エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援
富山市ファミリーパーク:シカとライチョウ、仲間入り /富山
有害鳥獣:イノシシ、シカ処理場完成 肉を3直売所に卸す−−みやこ町 /福岡
鳥獣害防止:イノシシやシカおいしく食べて 料理教室に主婦ら16人−−名張 /三重

米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言−内閣府の研究機構(時事通信)
元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人−東京高裁(時事通信)
<火災>老人介護施設で出火 3人が死亡、不明者も 札幌(毎日新聞)
農水省公用車、車ごと随意契約 会計検査院が「不適切」(産経新聞)
「影響、十分開示を」 温暖化法案で経団連会長が負担増に苦言(産経新聞)
[PR]
by gydyp58vlv | 2010-03-19 13:21